カスタムペン

 

お久しぶりです、桂です。
今回は、ペンについてお話しします。

僕は、丸ペンを使っているんですが、ペン軸を売り物のまま使った事が、
ほとんどないんです。
持つ所を変えないと、細すぎて描きにくいから。

ホントについ最近までは木製のペン軸を使ってました。
その木製ペン軸を改造した物が(写真1)のペン軸です。
ただ、持つ部分を何かで太くするだけでは、物足りなく感じ、
だいたいボールペンとかシャープペンを利用してカッコを付けるんです。
見栄えが良いと、気分もいいので。

でも、もう20年木製のペン軸ってのは、ペン先のインクを拭き取る時、
ペンも一緒に抜けてしまう事にストレスを感じていて、エポキシパテを少しつめて、
キツくしたりしてたんですが、
インクが詰まって乾いたりすると抜けなくなったりして、その度に壊したりしてました。

ところが、ホントについ最近に、アルミ製のペン軸をしっかりホールドするという
ペン軸を知りまして、「これだ!!」と思い購入したんですが、
これも、実に細くてこのままじゃ描きにくいので、またいつものカスタムをしました。
それが、(写真2)です。
色々造ってみて、実際描いてみて一番しっくりする物を、選びます。

で、結局、鉛筆補助軸にただ入れた物が良くてそれを使ってます。
見栄え的には、向かって左から2番目と3番目のが気に入ってるんだけど、
僕の場合、太すぎてもダメのようです。